忍者ブログ
原発とめろ! 震災解雇を許さない! すべての労働者に仕事と生活を保障しろ!
現地救援対策本部
〒981-0921

仙台市青葉区藤松3-4 Kビル2F

[TEL/FAX] 022-276-1871

[E-mail] ikinukutatakai★gmail.com

※★を@にかえてください

[カンパ] 三菱東京UFJ銀行仙台支店

普通預金 0226731 タニカズシ
すべての原発いますぐなくそう! みやぎ大集会
11-10-07miyagi_03.jpg
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
カウンター
NAZENフクシマ結成集会

アクションカレンダー
仙台を中心とする反原発・復興関連

イベントのカレンダーはこちら

NO NUKE SENDAI
twitter [@20110311miyagi]
ブログ内検索
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日は次の三句。

 生活の匂いを消した放射能 (5/22福島民友掲載)

 泣きながら避難する人見て涙 (5/22福島民友掲載)

 勉強会などと暢気な永田町 (5/22福島民友掲載)


 続いて5/22福島民友に掲載された30代主婦(郡山在住)の方の声をします。

除去した表土は責任者引き取れ

 福島第一原発事故の影響で放射線量が野外活動の制限基準を超えた校庭の表土を削る作業を郡山市が先立って行いました。県内にも広がりを見せ、同様の作業に取り組む自治体も出てきました。
 除去した土の処理ですが、方法が定まらず1ヵ所に集めてシートを被せておき、子どもたちが近づかないようにしたり、穴を掘って削り取った表土を埋めるといった方法を取るところもあるようです。
 たとえ埋めても地中に放射線量の高い土が残ることには変わりません。また、表土を削ってもまた放射性物質が降下してきたらまた数値が高くなってしまいます。
 除去した表土はドラム缶などに詰めて、事故を起こし、放射性物質を放出させた側へ引き取らせるべきです。基準を上回るような放射線が検出された土を埋めることに対してはどこの土地であっても反対の声が上がると思います。
 子どもたちの未来には水も土もきれいなふるさとに戻してあげたいと願っています。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26]

Copyright 生きぬくために闘う! 東日本大震災 現地救援対策本部 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material: Milky Way
忍者ブログ [PR]