忍者ブログ
原発とめろ! 震災解雇を許さない! すべての労働者に仕事と生活を保障しろ!
現地救援対策本部
〒981-0921

仙台市青葉区藤松3-4 Kビル2F

[TEL/FAX] 022-276-1871

[E-mail] ikinukutatakai★gmail.com

※★を@にかえてください

[カンパ] 三菱東京UFJ銀行仙台支店

普通預金 0226731 タニカズシ
すべての原発いますぐなくそう! みやぎ大集会
11-10-07miyagi_03.jpg
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
カウンター
NAZENフクシマ結成集会

アクションカレンダー
仙台を中心とする反原発・復興関連

イベントのカレンダーはこちら

NO NUKE SENDAI
twitter [@20110311miyagi]
ブログ内検索
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

救援対策本部ニュース第33号 2011.4.28

 以下からダウンロードできます。A4サイズです。

 
仙台・全逓労働者H.Sさんからの報告

★地震当日の出来事と仲間の行動

 3月11日、あの大地震の時僕は郵便配達をしていた。相当長い揺れでタンスなどがひっくり返っている家もあり、信号も機能せず私は「ただごとじゃない」と思い即座に帰局した。
 帰局してから、5時を過ぎても帰って来ない仲間が二人いる事に気づく。後々聞いてみたら「全部配達を終わらせてから帰局した。」との事。「「真面目なんだなあ」と笑い話みたいな雰囲気になっていたが「ちょっとまて」と思う。もしこれが沿岸沿いを配達している地域だったら少なくともこの二人はこの場にいなかった。地震が起きた時のマニュアルなどは普段からミーティングなどで学んでいたがそれよりも「郵便を持ち戻るのは駄目だ。怒られる。」などの普段仕事で染みついた強迫観念が、あの非常事態にもかかわらず「全部配達してから帰る」等の行為に及ばせてたのだと思う。
 かけがえのない職場の仲間を失う所だった。僕は憤りを感じる。

★無関心という名の「人災」

 テレビで色々報道されている事もあり、職場でも原発の話になる事はある。ただ残念ながらそんなに議論が進まないのが現状だ。「原発なくなったら電気足りなくなり今の生活ができないじゃん」・・・せいぜいそんなレベルだ。
 その人にとって「フクシマ」とは遠い国の出来事なのだろうか。すぐお隣の県であれだけ住民が苦しんでいるのに、そこまでして「今までの電気の水準」を維持したいのだろうか。おそらくこういった「無関心」「自分本意」な方々に支えられて原発は増設されていったのだろう。
 今のこの時期が原発反対の声をあげる最も重要な時期だ。皆でもっと真剣にこの事について議論するべきだと思う。
 

海外からの連帯・支援の声

4/13ドイツの第2回国際環境協議会準備連絡会から動労千葉への連帯メッセージ

 友人のみなさん 第2回国際環境協議会準備連絡会のメンバーは、あなた方の闘争に連帯することを表明します。全世界の原子力発電所を直ちに停止するために、ともに世界規模で闘いましょう!
 われわれは原発に反対する日本の4人の活動家の逮捕とあなた方の運動に対する日本政府の弾圧に強く抗議することを宣言します。
 われわれは、日本の労働者の闘いと環境運動との広範な連帯を組織するための活動を拡充していくことを宣言します。
 われわれは、ルール地方で2011年10月8日~9日に開催される第2回国際環境協議会に参加し、またそのための準備作業に参加されるよう、あなた方を招待します。…(略)われわれは、多くの国の環境闘争の主要な問題に取り組む活動家を招待し、経験を交流し、連携と協力を組織したいと思います。われわれには、あなたがたの経験と提案も必要です。ドイツの反原発の大衆運動にとっても、またすべての国際的な参加者にとってもあなた方とこの会合で出会うことが非常に重要です!
 気候変動ではなく、体制変革を! われわれの地球を核汚染・化学汚染から守れ!
 環境と人類を守る強力な国際運動をともに建設しよう!
 協力していくためのあなた方の提案について、そして第2回国際環境協議会に参加するためにあなた方が必要なものについてお知らせください。
 もっとも暖かい挨拶をもって
 連絡会を代表して
 ギュンター・ビテル博士
(「日刊動労千葉」より) 
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6]

Copyright 生きぬくために闘う! 東日本大震災 現地救援対策本部 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material: Milky Way
忍者ブログ [PR]